top of page
  • 執筆者の写真GLOBAL STYLE高野優梨

カジュアル

Casual

【カジュアルタイプのあなたの特徴】

カジュアルタイプのあなたは、ラフで気取りのないスタイルが誰よりもサマになります。

体をゆったりと包む、リラックスした自然体のスタイルでも、だらしなさが出ないという特権の持ち主。快適な着心地と洗練された上品さ。それらを同時に兼ね備えて見えるあなたの着こなしには、多くの人が憧れます。(けれど他のタイプが真似しても、手抜きに見えたり、家着に見えたりしてうまくいかない)。


その反面、ひらひら、ちょろちょろ(フリルの音)したような繊細でフェミニンなスタイルや、ボディーコンシャスでセクシーなスタイルはあなたの骨格との相性が悪く、逆に逞しく見えてしまうのでお似合いになりません。


あなたの魅力は、「飾り気がないのにセンス抜群」に見えてしまうこと。洗いざらしのボーイフレンドシャツにジーンズ、以上!たったそれだけのナチュラルでシンプルな装いで、とてもとても魅力的に見えてしまうのです。そんなあなたには、オープンで親しみやすい笑顔が抜群にお似合いになります。



 

【カジュアルタイプのスタイルアイコン】


気取りがなく、ラフな雰囲気ながらも地味にならずにナチュラルで洗練された印象の・・・

長谷川潤、吉岡里帆、RICAKO、田中律子、山口智子、ジェニファー・アニストン


 

【カジュアルタイプのアイテム選び、着こなし、スタイリングポイント】

・直線的な骨格はクラシックタイプと似ていても、素材や形はかっちりしすぎず、かといってヒラヒラ薄くてすべすべとは対照的な、麻、コットン、ウール、ラフィアなどの天然素材や、デニム、ツイード、コーデュロイなどのテクスチャー素材が似合います。

フォーマルスタイルならば、ブレザーやジャケットなど、四角いシルエット、ただしかっちりしすぎないリラックスしたゆったりフィット(太もも近くまで丈があるなど)。

ドレスアップするなら、テロテロのシルク素材より、タイシルクやタフタのようなハリ感のあるシルク素材などがオススメです。

・ゆったりオーバーサイズが似合うので、ダボっとしたシルエットや、ジャストサイズより1サイズ上を選ぶなども試してみてください。

・スポーティーなアイテム、エスニックテイスト(インディアンジュエリー含む)、ボヘミアンスタイル、サファリテイストなどを洗練された印象で着こなせます。

・ワンピースならシンプルでまっすぐorゆったりしていて、腰に絞りはないコットンドレスも鉄板です。

・華奢なジュエリー、ロマンティックなスタイル、薄い生地、シャープでエッジの効き過ぎたものなどは苦手。気合い!キメッ!はイリマセン。キメ過ぎないことでキマるタイプです。

重ね着や、着崩しもお好きなだけどうぞ。リラックス感がオシャレに見えるタイプなので、ボタンはいくつか外す、ウェストのベルトは雑に片結び、シャツの袖は無造作にロールアップ、くたっとしたトートバッグを持つetc.こなれ感を出したスタイリングがモデルの様に似合います。

・無地が似合うのはもちろんのこと、柄を選ぶなら、ボーダー、ストライプ、チェックなどの直線的なものの他に、エスニックテイストの柄もおすすめです。

クラフト感、手作り感を感じさせるようなテイストも似合うので、切りっぱなしの裾(フリンジ)、ステッチが目立つデザイン、パッチポケットなどのディテールがあるアイテムは似合います。


 

【カジュアルタイプのブランド例】


華美さや、女性らしいデコラティブなディテールはないものの、肩肘張らずシンプルな中にもどこかこだわりを感じさせる・・・




 

【カジュアルタイプの外見的特徴】

肩のラインは力強く直線的。ウェストのくびれはあまり感じさせません。全体的に長方形のシルエットで、本人は肩幅を広く感じている場合もしばしばあります(実際には、形の合わないトップスを選んで、肩が張っている様に見せているだけだったりします)。クラシックタイプやハイファッションタイプと似た骨格です。



コメント


bottom of page