top of page
  • 執筆者の写真GLOBAL STYLE高野優梨

クラシック

Classic

【クラシックタイプのあなたの特徴】

クラシックタイプのあなたは質の高い素材と仕立ての良さを感じさせる、トレンドに流されない、いわゆる定番スタイルがとてもお似合いになります。派手な要素を抑え、控えめで上質。時代を超えて魅力を持ち続ける、きちんと感があってクリーンな印象の装いがとても映えます。上品なブレザーに皺のないでシンプルなシャツドレス。胸元にはエレガントでトラディショナルなパールネックレス。そんなシンプルで上質な美しさ。似合う人には、この(遊びがないとも言える)きちんと感溢れる装いで、不思議と個性が華開くのです。静かに立っていても、その存在感に、周りの人は何がこの空気感を出しているのだろう?と思わずあなたに見入ってしまうでしょう。


その反面、ひらひら、ふわふわ、ガチャガチャetc.それらは無駄な装飾でしかありません。あなたのクリーンで整った印象を破壊します。それはオシャレというより、愉快なコスチュームに見えてしまいます。


あなたの魅力は、タイムレスな清潔感。あなたのスタイルは永遠に魅力的であり、似合う人にとっては自己表現とオシャレの究極の象徴となります。トレンドに左右されず、永続的なスタイルを楽しむことができる人。良い服を選び、長く着用する美意識。真似したくても、誰もが真似できるわけではない。そんな憧れを周囲はあなたに抱きます。



 

【クラシックタイプのスタイルアイコン】


控えめながらも存在感があり、上品なスタイルが地味にならずに華がでる・・・


多部未華子、綾瀬はるか、松たか子、木村佳乃、吉永小百合、ケイト・ブランシェット



 

【クラシックタイプのアイテム選び、着こなし、スタイリングポイント】


洋服を遊ばせない、着崩さない。クラシックタイプは、1着、1着のシンプルな服を行儀よく着ることが最高の着こなしを生み出す秘訣です。派手なアクセサリーや、過剰なレイヤード(重ね着、重ね付け)スタイルは避け、シンプルさを大切にしましょう。それでも絶対に地味になったりつまらない印象にはならないのでその点はご安心を!

素材の選択も重要です。スカートやワンピースでも、コートやジャケットなどに使われる様なしっかりとした厚手の素材がおすすめです。春夏でも、例えばサマーウールやオックスフォード、麻など、薄手でもハリ感のある素材が適しています(ペラペラ、ひらひら素材はクラシックタイプの骨格を逞しく見せてしまいがちです)。

無地やトラディショナルな織柄(タータンチェック、ヘリンボーン、千鳥格子etc.)が合いますし、決して地味にはなりません。シンプルで端正な印象を重視しましょう。奇抜なデザインや柄はあなたが客観的に他者に与えている外見的印象との乖離が激しく、コスチュームに見えてしまいます。

洋服のシルエットはボックス型のシルエットが基本です。ジャケットやコートはすっきりとした直線的なフォルムを選びましょう。シャツやブラウス、スカートも少しゆとりを持たせ、過度に体にピッタリとしたものよりもクラシックな形を重視しましょう。

足元は華奢なヒールや繊細な装飾がついたパンプスよりも、メンズライクでクラシックなレザーローファーやオックスフォードシューズ、ブーツなら乗馬ブーツのイメージが適しています。サンダルでも華奢なものより、甲の部分をしっかり覆うようなものがオススメです。バッグは洋服同様に四角いシルエットで、くたっとしているよりも自立する様なかっちり感のある形のバッグがマッチします。

耳に固定されるピアスや、服に固定されるブローチなど、必要以上に揺れないアクセサリーを選びましょう。無理にジュエリーをつけなくても、ベルトやスカーフなどのファッション小物を使うだけでも十分おしゃれがクラスアップします。

クラシックなファッションはシンプルでミニマルなデザインが多いため、姿勢やマナーが整っていると、ファッションがより際立ちます。



 

【クラシックタイプのブランド例】


正統派で上質、もしくはトラッドやプレッピースタイルが得意な・・・


 

【クラシックタイプの外見的特徴】


肩のラインは力強く直線的。ウェストのくびれはあまり感じさせません。全体的に長方形のシルエットで、骨がしっかりとしている印象です。




Comments


bottom of page