top of page
  • 執筆者の写真GLOBAL STYLE高野優梨

ソフトクラシック

Soft classic

【ソフトクラッシックタイプのあなたの特徴】

ソフトクラッシックタイプのあなたは、シンプルながらもフェミニンさを併せもつ、上品なスタイルを着こなすことが得意です。他の人が着るとコンサバティブ過ぎたり、物足りなく思える装いも、あら不思議。あなたが着ると、一気に華やかに見えるのです。シンプルな装いで優雅さが引き立つので"控えめなのに華がある"、"エレガントで洗練されている"という憧れにも近い印象を、周囲はあなたに抱くのです。


その反面、派手すぎるファッションやアイテムはあまり似合わないかも。個性的すぎたり、華やかすぎたり(例えばマルチカラーの大胆柄とか、キラキラやフリフリがたくさんついているアイテムとか)の装いは、あなたの魅力を霞(かす)ませてしまいます。もちろん「クセあり」アイテムはオシャレだし見ていてテンションが上がるのも確か。けれど、本人より物ばかりが目立ちすぎてしまうのはいかがなものでしょう?いわゆる「イタイ」頑張りに見えてしまうので注意が必要です。


あなたの魅力は、なんといっても全体から醸し出すその洗練された雰囲気。キャッチーな装いで目を引くというより、「控えめなのに華があり」、「シンプルでありながら洗練され」、「エレガントで上品さを兼ね備えている」そのバランスの取れた装いが周囲にはとても魅力的に映り、目を引くのです。



 

【ソフトクラッシックタイプのスタイルアイコン】


フェミニンながらも洗練された印象を併せもち、上品シンプルなスタイルが地味にならずに華がでる・・・


有村架純、石原さとみ、君島十和子、黒木瞳、松嶋菜々子、キム・テヒ



 

【ソフトクラッシックタイプのアイテム選び、着こなし、スタイリングポイント】


メリハリ配色より、グラデーション配色や同系色配色などの馴染ませ配色で華がでます。

直線的でシャープすぎず、曲線的で甘すぎずの、程よくフェミニン(シャープさの中にも、緩やかなカーブや柔らかさを取り入れる)シルエットがご自身の骨格とマッチします。

素材はかっちり固すぎず、ヒラヒラ薄すぎずの、柔らかいながらも程よく厚みのある/ハリがありながらも分厚すぎない素材がオススメです。

奇抜なデザインや柄はかえって着ている本人は地味に見えてしまうので、無地や水彩画のように柔らかくぼやけた柄が似合います。

シンプルと言ってもナチュラルで素朴なシンプルスタイル(←貧乏くさく見える)ではなく、エレガントで柔らかさのあるシンプルスタイルで持ち味が引き立つので、女性らしいジュエリーをコーディネートの仕上げに足すと素敵です。

ゆったりオーバーサイズが似合うタイプや、ピタッとシャープなタイトシルエットが似合うタイプとは異なり、ジャストサイズながらも体の線は拾わないサイズ感(例えばゆったりとしたブラウスをウェストインしてウェストシェイプ+ボトムスはすそ広がり台形シルエットなど)が最もスタイル良く見えます。



 

【ソフトクラッシックタイプのブランド例】


華美さや、斬新さはないものの、シンプルな中にもどこかひと匙のフェミニンディテールを加えるのが得意な・・・




 

【ソフトクラッシックタイプの外見的特徴】

骨格(肩のラインやウェストライン)が直線的な人や、曲線的な人と比べた時に、極端にどちらかに偏ることがなく中間的であるのが特徴です(上半身は直線的で下半身は曲線的など、直線と曲線が混ざっている骨格の持ち主も含まれます)。

目が小さい・大きいなどのパーツのサイズに関わらずパーツの輪郭(目鼻立ち)がシャープすぎない方、お顔全体のコントラスト(肌と瞳の濃淡差など)が強くない方など、お顔の印象がエレガントで柔らかい女性が多いです。結果、コントラストの強い柄物よりも、色や柄・模様のコントラストが少ない装いがご自身の持ち味と調和(ハーモナイズ)し一体感が出ます。その為、逆にコントラストの強い大胆柄や賑やかなマルチカラー配色はご自身の特徴とは調和せず、服だけが主役になりがちです。





Commentaires


bottom of page